初めての雪山

 1.まずは踏み出しましょう
 冬になれば山はお休みって方、いませんか?雪山は寒い、きつい、怖い、というイメージがありますが、装備を整え、基本的な技術・知識を身につければ何も恐れる事はありません。真っ白な大地、紺碧の空、輝くばかりの樹氷というまるでおとぎ話のような世界があなたを待っています。さあ、まずは一歩踏み出してみましょう。

  

 2.どんな山がいいのか
 まずは鈴鹿など標高が低く、雪のない時の登山道の様子を知っているところからスタートしましょう。決して無雪期に歩いたことの無い所へいきなり行ってはいけません。最初は岩場など急峻な箇所がなく、なだらかなルートが良いでしょう。出来れば尾根についた登山道がベターです。

 3.雪山登山に必要な装備
①基本的な考え方
 雪山でもっとも考慮しなくてはいけないのは濡れ対策です。比較的気温の高い低山では雪は溶けてすぐに水になってしまいます。
 体が濡れると一気に体温を奪われますので服(特に肌着)を濡らさないように気をつける必要があります。

 その次に大切なのは温度調整です。急な登り坂は体温が上がるのでたくさん着込むと雪山であっても汗をかいてしまいます(服が濡れる)。
 一方、風のある場所で休憩するとあっという間に体温が下がってしまいます。こまめに体温の調整がしやすいように薄手の服を重ね着するのが良いでしょう。

②各装備
■アンダーウエア
 速乾性の化繊(100%)のスポーツ用下着が良い。綿素材はNG。下半身はタイツ着用。
 
■靴下
 速乾性の化繊もしくはウール製。足先は特に冷えるので重ね履もしくは厚手のものを履く。

■中間着(上下)
 通常の山用ウエア、パンツでよい。

■合羽
 防風、濡れ対策として合羽上下を着る。

■防寒着
 寒さに応じて薄手のフリース、ダウンジャケットを合羽の下に着る。ただし、行動中はダウンジャケットを着ない(汗で濡れると保温性がなくなってしまう)

■スパッツ(ゲーター)
 靴に雪が入るのを防止する為に必須。膝下まで覆うロングスパッツが良い。

■グローブ
 防水性をもった手袋(スキー用可)、もしくは厚手のウールの手袋。薄手の手袋と重ねてはめる。

■帽子
 頭と耳が隠れるウールもしくはフリースの帽子。

■靴
 防水性のある(革製+ゴアテックスが良い)ハイカットのトレッキングシューズ。歩き始める前に防水スプレーをかけると良い。

■ザック
 普段使っているものでOK。雪が降ると濡れるのでザックカバーをするか中身を防水袋に入れる。

■ストック
 雪が深い場合の歩行補助。スノーバスケットをつける。2本持ったほうが良い。

■ワカン
 雪が深い場合の沈み込み緩和。アルミ製が一般的。

■アイゼン
 登山道が凍っている場合に靴につける。歯の数は6~10本の軽アイゼンが良い。購入の際は自分の靴につけられるか必ず確認する。

■保温水筒(魔法瓶)
 お湯、もしくは温かい飲み物を入れておく。テルモス社の山専ボトルの保温性が高い。

■食事
 寒い場合はゆっくりと食事を摂れない場合があるので、簡単に食べられるものを準備する。おにぎりは水分が多く、凍ってしまう事があるのでパンなどが良い。カップ麺、スープなど温かいものも良い。


 これで準備OKです。まずは初級入門山行に参加してみましょう。素晴らしい世界が待っていますよ。

戻る