HOME鈴鹿ハイキング倶楽部 掲示板検索
この掲示板では投稿の際に表示されている投稿キーの入力が必要です!!
名前
題名

内容
画像1
画像2
画像3
画像4
修正キー (英数8文字以内)
パスワード 「4092」を入力して下さい

 鈴鹿テント泊  たばっち  2017年11月14日(火) 22:59
修正
やっさんの鈴鹿テント泊に参加させて頂きました。愛知川の上水晶谷の近くでまったり…のはずが、土曜日は雨が降ったり止んだりでテント内での宴会となりました。
今回はやっさんが初めての食担を体験し、ニューフェイスのリコちゃんがテント泊デビューとなりました(^◇^)

二日目は杉峠を経て雨乞岳へ登りました。テント装備で登るのは初めてで、急登にもめげず雨乞〜東雨乞を制覇するも、すさまじい強風の為写真もとらずに速攻下山!!代わりに七人山で集合写真となりました。

七人山からの下山もなかなかの急斜面で、下山の苦手なちっぷるちゃん、リコちゃんは大変な目にあいましたが、これも鈴ハイあるある(^^;初級でもしっかり歩くバリルートでした。

テント場近くにあるはずの鈴鹿の上高地の大桂を見たかったのですが今回は見つけられず、また探しに行きたいです!

下山途中にはソロでスピードハイク中のたけやん先輩と遭遇したり、大回りロング周回コースの達人チームに後ろから抜かれちゃったりと鈴ハイオールスター揃い踏みとなりました。

鈴鹿の山の醍醐味が詰まった楽しいコースでテント泊体験を企画してくれたやっさん、ありがとうございました☆

@根の平秋景色
A初の食担でドヤ顔のやっさん
B渡渉も難なくこなすめぐち
C七人山の七人衆

 金勝アルプス  やっさん  2017年11月8日(水) 20:51
修正
以前から気になっていた近場のアルプス。低山も涼しくなったことで行ってきました。最初は渡渉から始まり、岩場と中々アトラクションが多い山です。 紅葉は先日の台風の影響もあるのか葉が落ちている所が所々目立ちましたが、まだまだこれからという雰囲気もありました。

久しぶりの低山山行でしたが、涼しく楽しむことができました^^
初級向けの企画にいい所を見つけたって感じです^^

@最初のアトラクション「渡渉」
A次のアトラクション「岩場」
B最後に「滝」(登りませんが(^-^;)



   やっさん  2017年11月8日(水) 20:54 修正
C鶏冠山に到着。しっかりした標識です。
D岩を支えるふみさん と すーさん(お決まり^^)
Eこんなにも大きな岩にも登れます

   やっさん  2017年11月8日(水) 21:01 修正
Fこれ何に見えますか?(私は眉毛が長い仙人に見えました^^)
G竜王山の標識は味があります
H狛坂磨崖仏。花崗岩に見事に彫られてます

 妙高火打+戸隠  とりや  2017年10月14日(土) 23:42
修正
ずっと昔、北海道より帰路の飛行機から見下ろして以来、
ずっと暖めていた妙高、火打の北越遠征は、すばらしい天候に恵まれました(*^_^*)

東北の山(おそらく飯豊連峰や朝日連峰)佐渡の名山金北山からいつもと違う角度から見る後立山から槍穂、そして富士山!、またとないコンディションの中での展望を欲しいままにしました。
山頂付近はナナカマドの紅葉と湿原の草紅葉もすてきで、火山の国らしく温泉もすばらしく、
眠たい目をこすりながら遠路はるばる出かけた甲斐がありました。

たけやん、はるさんには長時間の運転をしてもらって感謝です。
また行きたいね。

@森林限界近くの紅葉
A火打から焼山の稜線
B後立山がびっくりするほど間近に

   とりや  2017年10月14日(土) 23:45 修正
@四阿山?高妻山?
Aテン場の高谷池は気持ちの良い湿原
B火打への登山道

   とりや  2017年10月14日(土) 23:49 修正
@初日は火打へ
A天狗の庭とよばれる辺り、気持ちの良い湿原
B振り返れば妙高

   とりや  2017年10月14日(土) 23:53 修正
@テン場は満員
Aテン場のビールはンまい!
B翌日は妙高へ

   とりや  2017年10月14日(土) 23:59 修正
@妙高も快晴!
Aやっさんの山座同定講座。「あれが富士山」知っとるわ!
Bふみさんの温泉同定講座。露天風呂が見える?

   とりや  2017年10月15日(日) 0:01 修正
妙高から北アルプスの絶景パノラマ

   とりや  2017年10月15日(日) 0:02 修正
ピークになぜかまるちゃん登場(゜o゜;
「百山百味」プロジェクト始動!

   とりや  2017年10月15日(日) 12:04 修正
妙高+火打の百名山2座に加えて、初夏に登れなかった高妻山を百名山+1で狙いましたが、さすがに3日続けての晴天とはならず。
3日目は午後から雨予報で、午前中に下山できる戸隠山に転進。

幽玄の戸隠山でしたが、ガスのおかげで有名な蟻の戸渡り、剣の刃渡りも恐怖感半減?
ここまで来てとよちゃんの、まさかの「私ここ来たことある...」攻撃にのけぞりましたが、一人の犠牲者も出すことなく無事下山。
充実の3日間を終えました。


@蟻の戸渡りとか
A戸隠山頂上の幽玄紅葉

   たばっち  2017年10月15日(日) 22:25 修正
蟻の戸渡り、怖そうですね(^_^;)高所恐怖症のYさんは大丈夫でしたか??
高妻山は雨で残念でしたね、次回の企画の際は私も行ってみたいです!

   とりや  2017年10月16日(月) 14:03 修正
恐ろしかったですが、yっさんは別に普通そうでしたよ(・∀・)

前日、脱走を企てた者1名、当日「ここで待ってます」1名でした^^;

 ドタバタ楽しい3日間♪  ふみふみ  2017年10月17日(火) 5:15 修正
妙高山&火打山と高妻山は戸隠山へ転進の3日間、「私自身が仕事でキャンセル!?」になるかと出発前は本当にドタバタでしたが、参加メンバー皆さん一人一人のお力を合わせて頂いて、本当に有意義で想い出に残る楽しい楽しい山行となりました。
皆さんに本当に感謝しています♪
ありがとうございました!

最初から一緒に計画相談させて頂いたとりやさん、たけやん。
やっさんの参加が決まってからは、かなりやっさんにも頼らせて頂きました。戸隠山のスリルな行程ではトップでみんなを引っ張ってもらいました。
たけやん、はるさんには車を出して頂き、長ーい道のりを運転してもらいました。
きよさんにはお得意の温泉や美味しいお蕎麦屋さんを提案してもらいました。
5テン歩荷の為に90L以上のザックを購入してくれたのでしょうか?頼もし過ぎます!!
とよちゃんには急な食担を依頼して協力してもらいました(影にはもっちゃんやたばっちのフォローも)。

まだまだ皆さん個々に助けて頂いたことはいっぱいあります。本当に嬉しかったです。
これが「みんなで企画」だとも感激感謝しています。
そして、私の反省点はいっぱいあります。勉強していきますね。


妙高山&火打山+戸隠山はとても良い気候で決行出来たことも(転進も)、今回のメンバー7名で行けた事も、参加されなくてもフォローしてもらったメンバーにも、私の山人生でとってもジンジンと感激した時間を頂きました。

本当にありがとうございました!

 例会前の地図読み講習  たばっち  2017年9月27日(水) 22:42
修正
日曜日は会主催の地図読み講習会。

事前にたろーさんから出された宿題で地形図に尾根と谷を塗り分けて、朝明駐車場から3チームに分かれて出発。

周りの地形と地図を見比べながら歩き、分岐の旅に立ち止まって整地しながら進みました。途中からは登山道でない尾根を下りますが、たばっちチームは女子4人。突然繁みの向こうでグルルルと声がしたらそれはイノシシ!!?
なんで男子がついてきてくれなかったの〜???と鈴をチリンチリン鳴らしながら下っていくと、何とか制限時間内にゴールに到達☆

上水晶谷出合で全員集合してお昼を食べてワイワイと下山。
中々一回では覚えられないかと思いますが、皆さん地図を持って現在地を把握しながら歩く習慣を身につけましょう。

企画・運営・事前準備に尽力してくださったたろーさん、私のうっかりをフォローしてくれたチームメイトの皆様、ありがとうございました。
体験のCちゃん、Sっ子ちゃん、また是非参加してくださいね(^^)

@分岐では必ず確認
A登山道でないところにも目印が
B合ってる合ってる♪
C鈴を持って歩こう!


 大峰、神童子谷〜沢登り発祥の地を訪ねる  たばっち  2017年9月26日(火) 22:05
修正
たろーさんの神童子谷沢登りにご一緒させてもらいました(^^♪
稲村が岳に登れるという軽い気持ちでエントリーしましたが、実は沢登り発祥の地で「関西の沢登り」の本の表紙の谷でした!!

体験のKさんと3人で癒しの初級沢をのんびり遡行〜♪と思いきや、水量が多かったのか入渓すぐに泳ぎが(^^;まさかの9月大峰泳ぎ!冷たいけど面白かった☆
前鬼と同じ大峰ブルーのキラキラの水の中を楽しく歩いて、ところどころ昔建物があった跡が残っていました。石垣や昔歩かれていたであろう道の痕跡も。さすが修験の山です。

へっついさん(カマドの神様?)や表紙を飾る釜滝、犬取滝など名所を巡りながら、最後のジョレンの滝では石川さゆりを歌い、巻き道から沢に戻るのも面倒だったのでそのまま尾根を直登して稜線へ。
上は完全にガスっていたので山頂は寄らずに稲村小屋に下りました。

稲村小屋では御朱印があったので今度めぐちと来るときは御朱印帳を持っていこうと思います(^^)
昼食後はノンストップで母公堂に下りて、お坊さんから珈琲とお菓子の接待を頂きました。ここは女人結界となっていて、山上ヶ岳方面には女子は登れません。
オシャレな女子がたくさん観光でウロウロしていました。帰りに通る洞川温泉もめちゃくちゃ賑わっていて、また来たいなと思いました。来春に花の山登り計画です。

企画してくれたたろーさん、頼もしい体験Kさん、大阪カオスネタで盛り上げてくれてありがとうございました(^◇^)

@夏にはツアーも入って大賑わいらしいです。
A冷たーい。
B癒しの斜め登り
C見よ!この透明感。

   たばっち  2017年9月26日(火) 22:10 修正
@釜滝(本の表紙の滝)
A素晴らしい原生林
Bやってまっせ〜
Cおもてなしの母公堂

1 2 3 4 5 6  過去ログ全 101件 [管理]
CGI-design