HOME鈴鹿ハイキング倶楽部 掲示板検索
この掲示板では投稿の際に表示されている投稿キーの入力が必要です!!
名前
題名

内容
画像1
画像2
画像3
画像4
修正キー (英数8文字以内)
パスワード 「0488」を入力して下さい

 2度目の北鎌尾根  たろー  2017年9月4日(月) 6:59
修正
アルプスバリエーション入門の北鎌尾根に行ってきました。

初挑戦のえだちゃん、もっちゃん、つよっさんに、2度目の私と次郎さんがフォローする形。

歩き始めは雨でこれは初挑戦の前回(2015年)と同じです。
雨はすぐに上がり、水俣乗越への登りも快適でした。


雪渓の残る天上沢からはいつもと違う角度の槍が見えてテンションが上がります。

1枚目:雨の河童橋
2枚目:水俣乗越への登り、雨は上がった
3枚目:雪渓が残る
4枚目:槍ヶ岳、いつもと違った角度

   たろー  2017年9月4日(月) 20:39 修正
2日目、暗いうちから歩き始めます。

北鎌沢右俣の登りは水量が多くまるで沢登り、
それでもコースミスもなくスムーズにコルまで。

北鎌尾根に上がってからは360度パノラマを見ながらの稜線漫歩。
難所と言われる独標基部のトラバースも今の鈴ハイメンバーには何てこと無かったです。

1枚目:北鎌沢出合をスタート
2枚目:独標を目指せ
3枚目:最高の眺め
4枚目:独標基部のトラバース

 http://  たろー  2017年9月4日(月) 21:10 修正
次郎さんのナビゲートももあり、ルートミスもなく独標へ
独標からはクッキリと槍ヶ岳の雄姿が。

後は終始槍ヶ岳を眺めながらアスレチックコースを歩いて行きます。

穂先の基部では

「穂先は近い、気を抜かず頑張れ」

の文字に励まされました

1枚目:独標
2枚目:穂先を目指して
3枚目:小槍、孫槍、ひ孫槍
4枚目:Berg Heil !

   たろー  2017年9月4日(月) 21:15 修正
穂先への最後の関門、二つのチムニーもあっさりクリア

写真撮影の行列の頂上へひょっこり登頂。
記念撮影はちゃんと列に並んで撮りなおしましたよ。

頂上から肩の小屋を見下ろすと丁度「24時間テレビ」のロケ隊が登って来る所でした。(頂上でかち合わなくて良かった・・)

テレビに出ている人を見られたのはいいお土産になりました。

好天に恵まれた北鎌尾根。
あっさりクリアできて物足りなかった方は次のステップに一緒にチャレンジしましょう。

参加の皆さんお疲れ様でした。

1枚目:チムニー登攀中
2枚目:槍ヶ岳山頂
3枚目:梯子の渋滞
4枚目:TV撮影中

 土日で仙丈ケ岳と甲斐駒ケ岳に行ってまいりました。  zenkou  2017年8月28日(月) 18:30
修正
みなさま、こんにちは。zenkouでございます。

久々に二日連続で山に登ってまいりました。




仙流荘駐車場まで自家用車で集合

そこから登山バスに揺られて北沢峠へ

10分ほど歩いて長衛小屋のテン場にテントを張る

ここを起点に1日目は仙丈ケ岳に登り、二日目は甲斐駒ケ岳に登りました。
起点になるテン場まで、ほとんど歩かないのでほぼ下界と同じキャンプができるので山登りもキャンプも楽しめる珍しい山でございました。行ったことない方は是非〜

二つの山は隣同士なのに全く違う表情の山で二日連続で登る疲れを忘れさせてくれます。間の夜に楽しくキャンプして気分もリフレッシュできるのでいい山でした。

企画、運営してくれたたばっち。たくさん色々な意見が出たり、判断、決断するところも多く大変な山でしたがリーダーありがとうございました。

一緒に参加してくれたみなさん。たくさん準備していただいて美味しい食事と、楽しい山歩き、楽しい時間をありがとうございました。

また山に行きましょ〜。

写真は山にいたとってもプクプクなライチョウちゃんです。
かわいい!美味しそう!っていう複雑な歓声が飛んでいましたが、見れてよかったですね〜。

ではまた山で!

 雨のち晴れの仙丈ヶ岳  たばっち  2017年8月29日(火) 0:26 修正
土曜日歩き始めは雨でしたが、徐々にガスが晴れて山頂に着くころにちょうど回復してきました。
頂上からは甲斐駒の姿がガスの合間からチラリチラリと私たちを焦らし、少し下ったところでお昼御飯中にすっかりガスが晴れて絶景を堪能できました。



 快晴なれど時間切れの甲斐駒ヶ岳  たばっち  2017年8月29日(火) 0:41 修正
2日目はいよいよ甲斐駒ケ岳へ。
高山病防止のためにゆっくりゆっくり登り、おしゃべりできるペースで完璧!のはずが、途中登山道の渋滞で時間を食ってしまい、めぐちの指摘でこのままのペースでは最終バスまでに下山が間に合わないことが発覚。
慌ててスピードアップしましたが、あとちょっとのところでタイムオーバー。
時間配分をきちんとしていれば全員で登頂できたはずなのに、休みを調整して参加して頂いたメンバーの皆様に申し訳ないことをしました。
タイムスケジュールの管理と、パッキングや朝の準備をもっとスムーズにできるようにしなければいけないなと思いました。

ダメダメリーダーにお付き合い頂いた皆様、ありがとございました。
またこのメンバーで挑戦できたら良いなと思います。甲斐駒とアサヨ峰で。

@駒津峰から甲斐駒を目指す
A山頂???
Bもう目と鼻の先なのに…
C残念のポーズ

 半分だけリベンジおめでとう  たろー  2017年8月29日(火) 23:22 修正
たばっちリーダーお疲れ様でした。

甲斐駒登頂はならなかったけど2700mのたばっち限界と千丈ヶ岳はクリアできたね。

タイムスケジュール管理、起床から撤収完了までの時間短縮はいろいろな事を試しながら学んで行ってください。

因みに北鎌隊は起床から撤収完了スタートまで1.5時間目標でした(もう少し早めたいけど)

 愛知川 真夏の沢遊び大会  たばっち  2017年8月22日(火) 23:54
修正
日曜日は12名のメンバーで愛知川に沢遊びに行ってきました(*^▽^*)
久しぶりのメンバーが多くてワイワイと楽しい!大人数なので班わけをしたのですが、たろーさんチーム、やっさんチーム、なおさん&ふみさんチームとなり、鈴ハイ四天王復活!

飛び石、渡渉、泳ぎを交えて楽しく進み、ちょうど良い場所で昼食に。今回は素麺です。
持ち寄ったおかずを分け合い、またまたお腹いっぱいに(^^)最近山で美味しい思いをしてばかりです。

ご飯の後は天狗滝まで進み、滝壺で遊泳大会。何とか取り付こうと各自チャレンジしましたが水圧に流されて辿り着けず断念。泳いだりへつったりしながら川を下りてきました。

馴染みのメンバーと濃い1日が過ごせて楽しかったです!
リーダーたろーさんと四天王の皆様、安全確保をありがとうございました(^∇^)
体験のKさん、是非また参加してくださいね。

   たろー  2017年8月24日(木) 23:44 修正
みんなでワイワイやろうと企画した初級者向け愛知川沢遊び。

沢慣れたメンバーには物足りなかったかもしれませんが、にっさん、ガビちゃん、ジュリちゃん、ジョコちゃん、そして突然参加のなおちゃんまで、なかなか顔を合わすことが無かったメンバーも一緒に楽しく沢で遊んできました。

電車で来る体験さんの為に出発はちょっと遅め。その分、林道歩きを長くしたので入渓する頃には茹で上がってしまいました。

台風5号の影響で沢はちょっと荒れている雰囲気、砂利の堆積も多く、自然の移り変わりの激しさを感じました。

1枚目:茹で上がってしまいそう
2枚目:砂利が多いかな
3枚目:要所要所は水遊び出来ます
4枚目:またまたクールダウン

   たろー  2017年8月24日(木) 23:50 修正
白滝谷出合ではソーメン大会、またまたお腹いっぱいに。

お昼の後は天狗滝で遊泳大会。今回は水量多めで天狗滝に取り付けませんでした。(残念)

1枚目:みんなで食べると楽しいね
2枚目:長瀞は泳げました
3枚目:天狗滝の釜もすっかり深くなってました
4枚目:珍しい方も一緒に記念撮影

   たろー  2017年8月24日(木) 23:53 修正
帰りは恒例のキャニオニングでプカプカ下り。

長〜い林道を歩いて日が暮れるまでには車に辿りつけました。

6月の渡渉訓練の帰りに飛び込んだ淵は砂利で埋まっていました。
うーん、本当に変化が激しい。

今年も楽しく泳げた愛知川、次来る時は渓相が落ち着いてくれていたらいいんだけど。

参加の皆さんありがとうございました。

体験Kさん、またご一緒出来るのを楽しみにしています。

   ジョコティン  2017年8月26日(土) 12:53 修正
怖いのはちょっと、、、と思って沢靴を封印していましたが、久しぶりのメンバーと一緒に遊びたいなと思って、参加させてもらいました。久しぶりにみんなで過ごせてとても嬉しかったです☆
折り返し地点での自由時間、チャレンジャーなメンバーが難しいポイントに果敢にチャレンジしていて、見ていてすごく楽しめました!
体験さんも最初のうちからメンバーに馴染んでました(^^)
ふみふみさん、今回もサポートありがとうございました☆

 穂高周遊  ita  2017年8月24日(木) 21:51
修正
バリルート大好き娘達?と穂高周遊へ
久々の稜線歩き堪能してきました。

企画の公約通り? 初日はユル〜く2時間程で快適なテントサイトへ
上高地を眼下に、穂高の壁を背後に抱いた岳沢サイトにてマッタリ過ごします。
私は一人、今から旬の天狗沢お花畑へ散歩。残りの2人は・・・
夕餉はとーさん持参のホットサンドから繰り出される料理に、胃袋を鷲掴みにされました。翌日はヘッデンスタート。天狗沢前半はお花畑、後半は私好みのガレガレ難ルート。しかし鋸岳で鍛えたとーさんは軽快に登っていきます。



 穂高周遊2  ita  2017年8月24日(木) 21:57 修正
天狗のコルに順調に到着。
避難小屋を怖々と覗きます。
折角なので西穂側、天狗岳までピストン。
ayaさん、ハングの鎖場に大興奮!
稜線に登ると、とーさん加速。いち早くピークゲット!

 穂高3  ita  2017年8月24日(木) 22:12 修正
ジャンダルムは南から登ると結構タルい。
ブーブー言うメンバーの為、下りは北面よりクライムダウン。
2人うって変わって活き活きと。好きですね〜。
馬の背あっさり、穂高もあまり興味無さそうなので、前穂高より北尾根
に。
2峰懸垂ルートをクライミング。
御在所より簡単だけど、足元遥か下に涸沢、高度感を楽しみます。

2日間の累積標高差2880m 2日目14時間行動、頑張りました。

 楽しかった〜♪♪  aya  2017年8月25日(金) 7:43 修正
itaさん、とーさん、楽しい2日間をありがとうございました^^

美味しい夕食に、まったり過ごすキャンプ
(itaさんは常に動き回ってる働き者でしたが(笑))

そして、満天の星空に流れ星!天の川も綺麗で感動しました☆

2日目は、おまけいっぱいの充実縦走♪
いろんな場所に行きたい私は、天狗も前穂も嬉しかったです!

両手両足を使って登る山は本当楽しい!!

今回は荷物持たないで行ったから、難なくクリアできたけど
(荷物背負ってったら危ないな〜・・;)って思う場所がチョコチョコあったので
岳沢ベースの空身登山は、私の力量にピッタリのプランでした。
良い企画をしていただきありがとうございました^^

もっと鍛え上げて、自分の行きたい山に行けるように頑張ります↑↑(^O^)/♪


 お盆の台高沢めぐり 8/13〜14堂倉谷  たばっち  2017年8月16日(水) 18:08
修正
12日に雨が降らなかったのでこれは水が引いたかな?と13日〜14日にかけてついに本命の堂倉谷に向かいました。

関西一の美渓と歌われる「堂倉谷」。大台ケ原から堂倉滝へ下りてエメラルドグリーンの谷を泳いだり登ったり♪ とにかく水が綺麗で奥七ツ釜のまるい穴は写真では収まりきらない不思議な形!!
スケールの大きな滝と滑に巨岩帯、沢登りの楽しさがすべて詰まった素晴らしい谷でした♪

こちらもプロモーション動画にしてみました↓(音量に注意)
https://youtu.be/8gwXYG_bsNk

今回もご飯が豪華で美味しかった(^◇^)
転進に頭を悩ませて企画してくれたたろーさん、サポートしてくれたmichiさん、同行の皆さん、ありがとうございました!!

   たろー  2017年8月21日(月) 23:24 修正
前の週に断念した堂倉谷、まさか翌週の転進先になるとは思いませんでした。
なんか歯車のかみ合わせが悪い今シーズンです。

でも堂倉はやっぱり楽しい谷でした。
鈴ハイでは3回目、自身6回目、それ程素晴らしい谷です。

予定を1日ずらしたおかげで遡行可能な水量に落ち着いていました。
初日はスケールの大きい滝、釜で大自然と戯れます。

1枚目:登山道を2時間以上下ってたどり着いた堂倉滝
2枚目:吊り橋ではお決まりのポーズ
3枚目:滑は水が全面に流れてくる
4枚目:流れの弱点をついて直登

   たろー  2017年8月21日(月) 23:27 修正
水と岩の織り成す不思議な光景に目を奪われます

1枚目:10m斜瀑をフリーで登ってしまったたばっち。(登るんならロープ引いていってよ)
2枚目:門の滝の向こうには
3枚目:奥七つ釜
4枚目:ちょっとはしゃいじゃいました

   たろー  2017年8月21日(月) 23:31 修正
夜は林道わきにテントを張ります。(ここなら増水にも絶対大丈夫)

michi君の獲物は刺身にしていただきました。
他にもスープパスタにピザほんとに沢なのって献立です。

焚火を囲んでお尻を乾かせば夜も快適。
やっぱり沢泊はいいですね。

1枚目:快適なテン場
2枚目:男はタープ
3枚目:たばっち謹製ピザ
4枚目:焚火の夜

   たろー  2017年8月21日(月) 23:35 修正
2日目は初日とは打って変わって滝登りの連続。
とはいっても易しい滝ばかりなので、つよっさん、もっちゃん、たばっちトップでガンガン行きます。

1枚目:ねばりのヘツリたばっち
2枚目:いったん穏やかだが
3枚目:滝登り開始
4枚目:みんなステミングも上手くなってきた

   たろー  2017年8月21日(月) 23:38 修正
ロープを出した滝は2か所くらい。
見た目ほど難しくはありません。
みんなかなり上達しました。

1枚目:セカンド確保のつよっさん
2枚目:核心部はもっちゃんトップ
3枚目:頑張って登っているたばっち(ピース禁止)
4枚目:樋状15m

   たろー  2017年8月21日(月) 23:41 修正
滝がなくなった所で尾鷲道に抜け、ピークを踏む事なく大台ヶ原駐車場に戻りました。

途中、つよっさんが蜂に刺されるというとトラブルがありましたが軽症でホッ
とても充実した楽しい3日間でした。

参加の皆さんありがとうございました。

※今回行けなかった人、次、誰かが案内してくれると思うので待っていてください。

1 2 3 4 5 6  過去ログ全 101件 [管理]
CGI-design