HOME鈴鹿ハイキング倶楽部 掲示板検索
この掲示板では投稿の際に表示されている投稿キーの入力が必要です!!
名前
題名

内容
画像1
画像2
画像3
画像4
修正キー (英数8文字以内)
パスワード 「7803」を入力して下さい

 7/15-16 アルプステント泊(白馬大池)  やっさん  2017年7月19日(水) 22:24
修正
夏に向けてアルプスでテント泊したことがない方からの要望にお応えし行ってきました。場所は、@歩行時間が比較的短い、A高山病がギリギリセーフ(?)な標高、B北アルプスのキーワードから探し出した「白馬大池」。
リーダも行ったことがないので、楽しめそうと思い決めました。

出発は移動時間が思いの他かかり、開始時間を1時間位オーバーししましたが、順調に歩を進めることができ。テン場には4時間弱とほぼ予定通りに到着。
テン場に到着するまでは、駐車場はほぼ満車、(個人の)テントマットを忘れる(私)、テン場には雪渓(小屋情報)、すれ違う人からはテント装備の人が多数だの、不安材料満載でした。到着してみるとテン場に雪はなく、地面は平地、テント張りは選びたい放題と好条件が満載。しかも涼しく、景色も最高^^ この時点で既に満足してしまう程。 初日は、まったりすることに決め。周辺の散策に出かけました。

夕方はベンチに座りながらの談笑。夕食はレモン鍋&塩ラーメン。さっぱりとしてて美味しかったです^^
就寝までずっと外にいましたが、思いの外寒くなく。1日中外で楽しみ就寝。
私はいつもの通り爆睡でしたが、他のメンバーは天の川をみたりと星座鑑賞。
夜もアルプスを満喫していました^^

2日目は天気に恵まれず、主稜線の分岐(三国境)まで行き引き返すことに。戻る途中から風雨。アルプスの厳しさも知ることができた山行になりました。

皆さん、思い思いの不安を抱きながらの山行でしたが、最後も笑顔で終われる楽しい山行となりました。
参加頂いた皆さん、楽しい時間を一緒に過ごさせて頂きありがとうございました^^
また、一緒にテント泊山行に行きましょう^^

 @蓮華温泉ロッジで情報収集
 A7月の雪渓歩き(涼しい〜^^)
 B選びたい放題のテン場。初のテント張に苦戦中。
 C小屋の裏には、池と残雪のコラボ。(ほんとに7月?)

   やっさん  2017年7月19日(水) 22:25 修正
 D周辺の山に散策(乗鞍岳!?)
 E小屋周辺はこんな感じ。
 Fテーブルでまったりしながらの食事
 Gレモン鍋。あっさりしていて美味しいです^^

   やっさん  2017年7月19日(水) 22:26 修正
 H白馬岳が見えてます。あの大雪渓から行くのもいいね〜^^
 I小蓮華山山頂で記念撮影(本日の最高点)
 J天候悪化で引き返す途中からみた白馬岳。あっという間に山頂は雲の中。
 K下山は、カッパ着用。いろんな経験できますね^^

   はる  2017年7月20日(木) 7:28 修正
やっさん、アルプステント泊企画ありがとうございました。
歩行時間、速度、勾配もほど良く、テン場でうたた寝。久々の山泊でまったりアルプスを堪能出来ました♪流氷のような景色と雪渓の湯気が幻想的でしたね。
ご一緒させて頂いた皆様、長時間の運転、食担、歩荷お疲れ様でした!また、よろしくお願いします(^^)

 赤岳から阿弥陀岳(真教寺尾根〜県界尾根)  もっちゃん  2017年7月12日(水) 23:26
修正
当初の予定だった船窪岳〜烏帽子岳縦走は雨予報で断念、天気のよさそうな南方面へ転進、土曜日の日帰りに変更しました。
結局天気予報がころころ変わり、転進先の赤岳も晴れていたのは朝だけで、ガスガスの中の山行となってしまいました。

真教寺尾根と県界尾根は入山者が圧倒的に少なく、静かな山歩きができます。
寝不足な体に12時間のロングルートはしんどかったと思いますが、大人数でわいわい楽しい山行になりました(*´▽`*)

@真教寺尾根からの赤岳
A真教寺尾根といえば鎖場
Bまだまだ続くよ、どこまでも
Cようやく見えた赤岳

   もっちゃん  2017年7月12日(水) 23:37 修正
@目指す阿弥陀岳はガスの中
A混雑の登山道
B今日の主役たちのためにプチパフェ作りをするふみさん
C今日はつよっさん、3日前はえだちゃんの誕生日でした。バースデーソングを歌い、みんなでお祝い

   もっちゃん  2017年7月12日(水) 23:44 修正
@赤岳もガスガスです
Aあそこで手を振っているのは…
Bテント泊ゴッチチームが山頂でお出迎えしてくれました。びっくり!これだけでも赤岳に転進してよかった(≧▽≦)
C名残り惜しいですが時間もおしているので、ゴッチたちとお別れし下山します

   もっちゃん  2017年7月12日(水) 23:49 修正
@県界尾根も赤岳直下は鎖やはしごだらけ
Aなかなかの急勾配、鎖をしっかり持って下ります
B右側が登りの真教寺尾根、左側が今から下る県界尾根
C展望なしの樹林帯をひたすら進む。長かった…

   つよっさん  2017年7月13日(木) 23:39 修正
しっかり歩きたいとのリクエストにリーダーが考えてくれた赤岳。
寝不足でバテてしまいましたが、リクエスト通りでした^^
誕生日まで祝っていただきありがとうございました♪

@険しい登りもみんなすいすいと登ります。
Aガスが!
B山頂。虫が映り込んでます^^;
C下りの核心部。梯子と鎖が続きます。

 お誕生日おめでとう!♪  ふみふみ  2017年7月14日(金) 0:29 修正
お天気判断も転進検討も大変だったと思いますが、もっちゃんのリーダーシップは流石です!!
とても楽しいメンバーと、とても楽しい時間を過ごせました♪
しっかり歩けて久々に太もも筋肉痛です。

エダチャン、つよっさん、お誕生日おめでとう!

もっちゃん、皆さん、船窪小屋リベンジ企画を楽しみにトレーニング頑張ります!!
次回も宜しくお願いします。

ゴッチチームとも赤岳山頂で運命の合流♪
やっぱり鈴ハイメンバーは繋がっていますね〜感激感動でした〜。

   たろー  2017年7月14日(金) 6:52 修正
もっちゃん、初リーダーお疲れ様。

天候判断、悩んでるだろうなあと思っていましたが、
早目の判断、日帰りでのメンバー再募集と、とても適切な対応にうれしく思いました。
(残念ながら先約があったのでドタ参できませんでしたが)

結果的には日曜日も山行可能な天気だったけど、梅雨時期は逆に前日晴れ予報が雨に変わる事もあるので、逃げ場のないロングコースの場合は安全側の決断は当然です。

それにしても転進先も12時間コースって・・・
修行、お疲れ様でした。


   はる  2017年7月14日(金) 7:02 修正
阿弥陀岳山頂でのバースデーや赤岳山頂でのゴッチチーム合流とサプライズイベント目白押しでしたね♪
もっちゃん、初リーダーとは思えないパーフェクトな転進山行ありがとうございました(*´꒳`*)
久々のロングで森林限界と共に体力も限界突破…
暫くロングはいいやと思ったけど翌日にはまた行きたいなと(^^;)
船窪行けるよう精進します!

 初の夏の赤岳(笑)  えだこ  2017年7月14日(金) 7:50 修正
皆様、今回、誕生日を祝って頂きありがとうございました❗とても嬉しかったです(*^^*)
もっちゃん、初リーダーお疲れさまでした。天候判断による、転進プランの対応!初リーダーとは思えない機転の良さは流石です。
船窪のリベンジぜひ参加させてくださいね!

PS.赤岳は二回、今まで登ったことがありますが、夏の赤岳は今回初でした。緑の赤岳もいいですね😃

   やっさん  2017年7月19日(水) 22:14 修正
遅くなりましたが、先日はお疲れ様でした。
この時期の天気での山域選びは大変ですけど、ナイスチョイスです^^
赤岳は行ったことはありますが、このルートは初。しかも、久しぶりのロングで疲れましたが、色々なサプライズがあり楽しめました^^

初リーダーのもっちゃん、お疲れ様でした。もっちゃんらしいコース選定だったような気がします。また、お願いします^^



 奥美濃 銚子洞遡行  たろー  2017年7月18日(火) 23:25
修正
夏本番、プレ赤石沢のつもりで奥美濃の名渓銚子洞に行ってきました。

参加3名と淋しかったですが、さすが日本百名谷の銚子洞、なかなか手強く3人で助かったというのが正直な所でした。

前半は雄大な滝の連続と日本庭園のような渓谷美に包まれながらの遡行です。
過去いった時はセカンドで登る事が多かったのですが、今回は全てリードしたのでいい緊張感を楽しめました。

1枚目:銚子滝
2枚目:銚子滝上の美瀑 20m
3枚目:美しい森を流れる渓谷
4枚目:末広がりの美瀑 

   たろー  2017年7月18日(火) 23:29 修正
キャンプは森の主ともいえる栃の巨木に見守られながら楽しい焚火宴会。
周りには誰一人いないのでのんびりと夜更かししてしまいました。

1枚目:キャンプ地(翌朝撮影)
2枚目:森の主ともいえる栃の巨木
3枚目:お尻乾かし中
4枚目:アスパラベーコンのホイル焼き

   たろー  2017年7月18日(火) 23:34 修正
帰路は登って来た滝を下らないといけません。

30mロープ×2の懸垂下降を3回、その他にも泳いだりクライムダウンしたり
何かと忙しい下降でした。

泊まり装備で厳しい登下降が出来たので赤石沢に向けていいトレーニングになりました。

ふみふみさんもロープワークテキパキとこなしてくれましたし、たばっちも概ね問題なく着いてこれました。

これからどんどん大渓谷にチャレンジしていきたいのでよろしくおねがいします。

1枚目:ゴルジュは泳ぐ
2枚目:大滝を懸垂下降
3枚目:またまた泳ぐ
4枚目:癒しの風景も

 八ヶ岳テント泊〜赤岳&硫黄岳縦走  たばっち  2017年7月11日(火) 23:29
修正
ゴッチ隊長の八ヶ岳縦走に参加させてもらいました。
天候判断が難しく、前日までメンバーで右往左往、あわや中止かと思われましたがリーダーの強い熱意が実ったのか直前で好転!決行となりました(^^)v

1日目は業者小屋まで歩いてテント場でまったりする予定でしたが、あまりに早く着いて暇だということで、予定変更して日帰りで来ているはずのもっちゃんチームに会いに赤岳に登ることに。高山病でヒーヒー言いながら文三郎尾根で赤岳山頂に到着。
テン場でやる予定だったギョウザを焼いてまったりしているともっちゃんチーム到着!全員で記念写真を撮ってお別れです。
地蔵尾根で下山して1日目は終了。

2日目は再び地蔵尾根を登り、続きの横岳、硫黄岳を縦走!
アスレチックな岩山を楽しみながら周回コースで赤岳鉱泉へ下山。カレーを食べて行者小屋のテントを回収して美濃戸に戻りました。

日曜日は天候に恵まれて最高の縦走日和!
ゴッチリーダー、皆様、とても充実した二日間をありがとうございました(*≧∀≦*)

   たろー  2017年7月14日(金) 7:05 修正
一方、こっちはうまくやりましたね。
八ヶ岳でのテント泊楽しめたようで何よりです。

しかし、1日目赤岳ピストン、2日目横岳硫黄縦走ってみんな脚力あるねえ。

今度は冬期に挑戦ですね。

※たばっち、画像ソフトで遊ぶのはいいけどHPもよろしくね。

 阿寺山地 樽ヶ沢 遡行  aya  2017年7月11日(火) 2:18
修正
赤坂谷〜ツメカリ谷の予定でしたが、急遽予定を変更して
天気の良さそうな木曽の沢「樽ヶ沢」へ行ってきました。

巨大な滝が連続するダイナミックな沢に感動!

今日は、私とめぐちさんは、歩荷トレーニングも兼ねて
10`の荷物を背負っての遡行でした。

正確には、めぐちさん10`オーバー 私は9.6kg・・。

(足りない400gは、入水したら水を含んで+される事を事前に計算してました!)←必死な言い訳


それにしても、皆 度胸があって凄い!
チキンな私のフォローを皆にしてもらいました。
お陰で無事に遡行できました!ありがとうございました^^

踏みつけたり、イロイロ体重かけまくってしまいすみませんでした(*_*;)


1枚目・水量多かったよ
2枚目・大きな滝(上の方ツルツルで登れなかった;)
3枚目・確保なし状態で、よくリードできるなぁ〜・・><
4枚目・皆で集合写真


 沢歩荷  たろー  2017年7月12日(水) 7:23 修正
14人のメンバーが八ヶ岳に結集した週末ですが、我ら4人はコツコツと沢に通います。

暑くなって来たので泳ぎも交えてと思っていましたが、鈴鹿山脈から西は怪しい天気。それならばと思い切って東の樽ヶ沢へ転進しました。
(考えてみるとayaちゃん参加山行はかなりの転進率、なんでだろ)

今日のお題は沢泊装備の重さで沢が歩けるか、めぐちとayaちゃんにはザックの重さを沢泊と同じ重さにしてもらいました。

大滝以外はすべて2人にルーファイしてもらい、沢登りの楽しさを味わってもらいます。(こうじさん、フォローありがとうございます)

どこで水(重さ調整用)を捨てるかなと思っていましたが、最後まで捨てなかったのには感心しました。

これで、沢泊も大丈夫かな。
梅雨明けが楽しみです。


1 2 3 4 5 6  過去ログ全 100件 [管理]
CGI-design